小児歯科・矯正歯科

小児歯科とは、18歳までの子供を対象とした歯科です。治療は、技術的には大人の歯科とそう変わ りありませんが、子供は、大人に比べて自分が置かれている状況を把握出来ず、口内で何が起きているか、どうしなければならないかの意識が薄く、なかなか治療に協力的にはなってくれません。特に、幼い子供ですと歯医者そのものを怖がってしまって抵抗してしまいます。そこで一番大切なのが、注射を見せないなどして恐怖心を与えないようにし、根気よく説明をするという事です。子供の治療で大事なのは、そういった心理的なケアなのです。

 

>>症例についてはコチラ

子供の治療

子供で多い症状は、当然むし歯です。乳歯の場合は内部でむし歯が進行して見えない部分が蝕まれている事が多く、一見何ともない歯が重度のむし歯だったりします。そこでダイアグノデントという、レーザーを用いてむし歯の深さをデジタル化・数値化する機械を使用し、むし歯の進行具合を明確に判断して治療を開始します。

子供の予防歯科

子供の時期に自分の口内に関心を持つ事ができないと、大人になっても不適切な生活習慣や食習慣を続け、永久歯のむし歯に結びついてしまいます。予防歯科が何より大切なのは、子供なのです。
当院では子供の予防歯科にも力を入れており、生活指導やブラッシング指導のみならず、フッ素を塗ってむし歯になりにくい歯を作り上げる事もしております。子供の歯科治療は中学生まで無料なので、是非お気軽にご来院ください。

子供の矯正

近年、食べ物の変化から歯並びの悪い子供が増えて来ております。これは将来的には見た目の問題だけではなく、むし歯や歯周病のリスクにもなって来ますので、早い段階からの矯正をお奨めいたします。子供の矯正というと成長を阻害してしまうと思われる方もおられるかも知れませんが、それは全く逆で、子供の時期だからこそ歯列が矯正しやすく、それに伴って全身にもバランスの良い成長を促す事が出来ます。

従来、歯には力を加えられるとその方向に動いていく性質があります。その性質を利用し、矯正装置で歯に一定の力を加え続け、少しずつ動かして悪い歯並びや噛み合わせ――出っ歯、受け口、すきっ歯、乱杭歯といった、いわゆる不正咬合を治すのが歯列矯正です。この歯列矯正は、ただ単に見た目をよくして他人に良い印象を与えるだけのものではありません。食べたものが口の中に溜まりにくくなり、なおかつ歯磨きなどの口内ケアも簡単になりますので、むし歯や歯周病の予防、口臭の軽減に役立ちますし、よく噛む事が出来るようになるので胃腸の負担も軽くなります。
また、顎関節の痛みや音などの症状、肩凝り・腰痛・偏頭痛などの不定愁訴を減らす事にもつながります。
歯列矯正は、口内だけではなく全身の矯正と考えていただいても間違いありません。

詳しくは矯正専門サイトをご覧下さい。

おおば歯科クリニックの矯正歯科治療の特徴

①非抜歯矯正

一般に知られている矯正は、歯を抜いて歯が並ぶスペースを確保してワイヤー(針がね)を利用して矯正しますが、当院では代わりに床矯正というものを行います。これは、顎に義歯のような装置を入れ、顎を拡大させることによって歯を抜く事をせずに歯が並ぶスペースを確保するというものです。
非抜歯矯正のメリットとして、まず痛みが少ないという事が挙げられます。歯を抜かないのですから、当然その分患者様の負担は減ります。また、健康な歯を少しでも多く残すことできるという点も大きなメリットです。
健康な歯を残す事と、歯並びを整えることの重要性は全く同じものです。当然、抜かなくて済むなら、抜かないほうがいいに決まっています。歯を抜きたくないから矯正治療を控えているという人も多いはずです。その根本を見直し、改めて歯を抜かない矯正治療を目指した結果今の非抜歯矯正治療が誕生しました。

②マウスピース矯正

マウスピース矯正は、ここ10年の間に登場した比較的新しい矯正治療法で、コンピュータ上でシミュレーションしながらオーダーメードのマウスピースを製作し、治療段階に合わせて交換していく事で歯を移動させていく矯正方法です。
マウスピース矯正のメリットは、透明なマウスピースを使用する事により全く目立たず審美性を確保できる点、簡単に取り外せる便利さにあります。目立たないというだけなら裏側矯正などもありますが、マウスピース矯正には裏側矯正に伴う発音の問題がありませんし、ワイヤーにより口腔内を傷つける心配もありません。もし強いてデメリットをあげるとしたら、外せる分だけ本人の意思に頼る部分が多いというところでしょうか。

矯正の流れ

①矯正相談

患者さんの悩んでいることや、歯並び、噛み合わせで気になっているところをお伺いします。それにあった矯正方法や矯正期間などについてアドバイスしていきます。

②検査

各個人の口内を把握して適切なプランニングをするために、レントゲン撮影、歯列模型などを取ります。

③診断

レントゲンと歯型から患者さん歯の並び方を分析し、診断を行います。この診断データをもとに、治療期間や治療費などを含め、治療方針を説明いたします。

④矯正治療の開始(おおむね月1回のご来院)

診断にてプランニングされた方針に基づき、矯正装置を装着していきます。通院は通常月1回となります。装置を付けた直後はある程度の痛みが出て来てしまうかと思いますが、それはすぐに慣れるかと思います。また、装置を付けた状態での歯磨きを指導させていただきます。

⑤保定開始

矯正治療を行いきれいに並んだ歯を、もとに戻らないようリテーナー(保定装置)でしっかりと安定させます。このときは数ヶ月に一度だけの治療となります。一緒に歯のクリーニングも行います。

以上が矯正治療の流れとなっております。

費用について

¥108,000〜¥540,000(メンテナンス費用¥3,240)

PageTop