2013.04.29更新

 いよいよGW。皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、地元の自治会の行事があり本日はそちらの方に

参加してどこにも行っていません。(寂しい!)

 今日も良い天気でしたが事故等に気をつけて有意義な

GWをお過ごし下さい。

 さて、いよいよインプラントの説明に入りたいと思います。



 上の写真は、一般的なインプラントの模式図ですね。

「フィクスチャーと呼ばれる人工歯根」これが骨(歯槽骨)の

中に埋め込まれます。そして、4~6ヶ月このままおいておき

骨と結合(骨にくっつく)するのを待ちます。

 半年程して骨と結合したら、2次オペを行います。つまり、

歯肉をもう一度切開(切開しない場合もあります)しフィクスチャーの

上にアバットメントという支台をネジで止めます。そして、型を取り

その上に上部構造(冠)をかぶせます。

 このように、インプラントが2つのパーツに分かれているのが2ピース

インプラントと言われる物です。ほとんどのインプラントはこの構造に

なっています。

 それでは、次回は当院の1ピースインプラントについてご説明させて

頂きます。


2013.4.29
おおば歯科クリニック
大場 敏男
川越市・鶴ヶ島市・東松山市等近隣の市町村からもご来院頂いております。




投稿者: おおば歯科クリニック

2013.04.27更新



 また、久々の更新になってしまいました。

矯正の症例写真です。

上の写真は、14歳の女のお子さんです。

通常であれば、上の両側の4番を抜歯して矯正するケースになります。

この方は、この4番から奥の歯をもっと奥に移動させてスペースを作り

アライナー(薄いマウスピース)で仕上げていきました。期間は2年

4ヶ月になりました。

 ここのところ、当院の矯正を希望されて来院される方が多くなりました。

歯並びでお悩みの方,お電話お待ちしています!


2013.4.27
おおば歯科クリニック
大場 敏男
049(281)7880
川越市、東松山市、鶴ヶ島市をはじめ近隣の市町村からもご来院頂いています。




投稿者: おおば歯科クリニック

PageTop