2011.06.24更新


 上の写真は58歳男性のインプラント術前・術後の写真です。

 今回は、最近当院において増加傾向にある抜歯即時埋入の症例を紹介したいと

思います。

抜歯を前提としたインプラントの場合、抜歯後4ヶ月程度経過して骨の治癒を待って

から埋入する事が普通でした。そうなると骨の吸収(骨が痩せてくる)してしまう事と

2回の外科処置を行わなければならない為患者様にとって体の負担が大きくなります。

それと治療期間も長期になってしまいます。今回提示しました男性の左の写真に

残っている根(歯)は抜歯しました。右の写真を見ていただければおわかりいただけると

思いますが前歯の歯茎は下がっていません。(骨がそれ程吸収していない事がおわかり

いただけると思います。)


上の写真は先程の口腔内の状態です。


 口腔内の最終補綴物(冠)が入った状態です。



術前・術後のレントゲン写真です前歯2本と奥歯1本を抜歯してインプラント5本埋入

しました。

 前歯2本は骨が薄い為GBRという骨を作る治療を同時に行い、右上6番は骨の厚み

が薄いためソケットリフトというやはり奥歯の骨を作る治療も同時に行いました。

一昨日行ったインプラントの埋入は、右上5・6番の骨の厚みが3ミリの所に

ソケットリフトで埋入しました。(治療が終了しましたらブログに書きます)

 3ミリの厚みの場合以前であればサイナスリフトというもっと体に負担のかかる治療

が行われていました。(現在も行われています)

 しかし、当院ではこれぐらいの厚みであればソケットリフトで十分対応できるように

なりました。(しかも骨移植や人工骨を使用する事もありません)

 このように、だんだん難症例といわれるケースのインプラントが増えて参りました。

このようなケースでもほとんど痛みもなく(通常の痛み止めで治まる範囲の痛み)

腫れも少なく済んでおります。

 できる限り体に負担がかからない様そして痛みも・腫れも少なくをより安全な

インプラントを目指して参りたい思っております。

2011.6.23    院 長

投稿者: おおば歯科クリニック

2011.06.20更新



上のレントゲンは、ご覧のように左側が術前右側が術後になります。

この方は、64歳の女性でお姉さんの紹介で府中市からわざわざ来院して下さりました。

この方の口腔内写真は下になります。(申し訳ありません術前の写真を撮って

いませんでした)

    

左側がインプラントの状態で右側が最終補綴物(冠)が入った状態です。

インプラントの埋入から4ヶ月で終了しました。

非常に早い事に驚かれていたのと(上顎は他院にて1年程かかったとの事)入れ歯から

開放されて大変に喜んでおられました。

この方も、痛み・腫れも無く終えることができました。

噛めない入れ歯でお悩みの方が世の中には大勢いらっしゃると思います。

その為に、おいしい物が食べられない・友達とのお食事会を躊躇してしまう...。

等々。

「もう一度あなたの人生をリセットしてみませんか?」

その方法のひとつがインプラントなのではないでしょうか?


2011.6.20    院 長

投稿者: おおば歯科クリニック

2011.06.18更新




ここのところ矯正を終了される患者様が多い為ブログも矯正中心になってしまいがち

で申し訳ありません。

上の写真は10歳の男のお子さんです。

左上の1・2番が反対咬合になっていました。

床矯正装置で5ヶ月あまりで正常になりました。

今回は、1次矯正でとりあえず主訴のこの部分だけの矯正になります。

その他はこれから永久歯への萌出の仕方をみながら判断していく

事になっています。

このお子さんも痛みはほとんど無く終えることができました。

冒頭で書きましたように矯正の症例が続きましたので次回はインプラント

の症例をご紹介したいと思います。

2011.6.18   院 長




投稿者: おおば歯科クリニック

2011.06.17更新



上の写真は、今回ホームページの症例写真に載せたお子さんの物です。

このお子さんは、9歳の女の子です。

1年半前から始めてここまできました。上下拡大床(下の写真の様な装置)だけでここまで

綺麗になりました。





ほとんど痛みもなく終わりました。

小学生のお子さんは、装置に慣れるのが非常に早いですね。

そういう意味でも歯並びがおかしいと思ったら小学生の高学年ぐらいに

始めるのが理想ですね。


2011.6.16    院 長

投稿者: おおば歯科クリニック

2011.06.13更新

 最近、矯正の相談を希望される方が増えて参りました。

この1週間はほとんど毎日のように電話を頂き御来院していただいております。

お知り合いの方からのご紹介でいらっしゃる方も増え、当院の治療法が

少しずつ皆様に知っていだけるようになった事に感謝申しあげます。

 オバサマ方の韓流ブームに始まり。最近では少女時代・KARA等の

女性ヴォーカルグループが日本の芸能界を騒がせています。

非常にスタイルが良く皆綺麗な方ばかりですね。韓国では整形するのが

当たり前になっています。彼女達は皆整形しているのでしょうか?

 以前にも書きましたが当院で行っているマウスピース矯正(アソアライナー)

も韓国の金先生が考案した方法です。矯正・インプラント共に韓国は非常に

盛んに行われ国民の間にも定着してきているようです。

矯正・インプラントのすばらしさと必要性を我々日本の歯科医師も

もっと国民の皆様に知っていただけるよう努力していかなければいけませんね。

歯並びとかみ合わせ(入れ歯等)でお悩みの方ぜひ一度ご相談下さい。

(矯正の相談は無料です)

2011.6.13  院 長

投稿者: おおば歯科クリニック

2011.06.06更新


 昨日、坂戸市の市民健康センターにて「歯の健康フェアー」が行われました。

ご来場いただきました皆様には大変にありがとうございました。

今年は、東日本大震災の影響で児童画展とマジックが中止になり例年に

くらべて来場された方が少なかったようです。

 それでも、子供さんと成人の方の無料検診・指の印象をとって模型を作ったり

と参加された方々にはご満足いただけたのではないでしょうか?

 来年はもっと多くの方々が参加していただけるようしっかりPRもしていきたいと

思います。

 2011.6.6  院 長

投稿者: おおば歯科クリニック

PageTop